2010年03月07日

道路斜線

道路斜線とは、道路の幅員と用途地域により、建てられる建物の高さに制限を定めている法律です。

前面道路が狭いと住宅を建てる際に、道路斜線により三階建てを建てにくいですので、出来れば6mぐらいあるのが理想です。
posted by なにわの建築士 at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築関係

2010年03月05日

防火指定

敷地には、防火に関する地域が定められています。

防火指定は、

防火地域
準防火地域
なし

に分けられます。

また、市街地であれば、全域に法22条地域にも指定されていますので、防火地域か準防火地域か法22条地域のいづれかに指定されている事が多いですね。

防火地域は駅前や繁華街などに指定されており、建物の耐火性能の基準が厳しく設定されています。

ちなみに、防火地域に木造の住宅を建てる事は、色々な規制で、通常よりも費用が高くなったり、希望の大きさの建物が建たない事がありますので、気を付けて下さい。
posted by なにわの建築士 at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築関係

2010年03月04日

用途地域

用途地域は、地域ごとに定められており

第一種低層住居専用地域
第二種低層住居専用地域
第一種中高層住居専用地域
第二種中高層住居専用地域
第一種住居地域
第二種住居地域
準住居地域
近隣商業地域
商業地域
準工業地域
工業地域
工業専用地域

があります。


用途地域ごとに、建てる事の出来る建物の種類や建てられる建物の高さ等、様々な法律が定められています。

例えば、
第一種低層住居専用地域には、工場は建てられない等。


「住宅街の中に工場があってうるさい。違反建築じゃないのか?」

よくお施主さんから聞かれるのですが、用途地域が準工業地域の場合が多いですね。

準工業地域には、住宅も建築できますし、ある一定規模までの工場も建築できる事からおきる問題です。

土地を購入される時は、キチンと用途地域を調べてから購入して下さいね。
posted by なにわの建築士 at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築法規