2010年03月10日

民法と建築基準法

隣地境界線から、どれくらい離して建物を建てますか?

民法では、境界線から外壁の面まで500mm以上離さなければならないとなっていますが、建築基準法にはそんな規定がないんですよね。

実際、隣地境界線いっぱいで計画しても、確認申請は通るんですよ。市町村によっては、誓約書等が必要な場合がありますが、それでも誓約書等を提出すれば通ります。

何か変だと思いません?

たしかに民事の事ですが、家を建てる建築主にとれば、役所が建てていいと言ったのに、隣地の人と揉めた場合、最悪は工事が中断される事もあるんですからね。

施主にとってみれば、納得いかないと思います。

自分が設計する時は、隣地境界線から壁芯まで600mm程度空けて計画しますが、施主の要望で空き寸法が狭くなる事もよくあります。

その場合は、隣地の方に話に行きますが、施主と仲が悪い事が多々あり困ります。
posted by なにわの建築士 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築関係